未分類

ボタンボウフウ(長命草)の別名は?学名や方言名など紹介します!

ボタンボウフウ別名

この記事では、ボタンボウホウの別名について紹介します。

ボタンボウフウにはいくつかの別名がありますが、地方によって呼び方が違うので紛らわしいですよね。

そこで、ボタンボウフウの長命草以外の別名や、学名、地域ごとの方言名などをお伝えします。

まずはボタンボウフウの呼び名をまとめた表を紹介してきますね。

ボタンボウフウの呼び名を一覧にまとめました

分類 呼び方
一般名 ボタンボウフウ(牡丹防風)
別名 長命草、食用防風、牡丹人参、木防風、御赦免人参、平野人参、五島防風など
方言 サクナ(沖縄)、グンナ(与那国島)、マンズ(波照間島)、シュナイ(竹富島)
学名 Peucedanum japonicum

ボタンボウフウの一般名、別名、学名、方言を表にまとめてみました。

表を見れば分かる通り、ボタンボウフウにはたくさんの呼び名があります。

別名と方言について、それぞれ説明していきます。

ボタンボウフウの主な別名は”長命草”と”食用防風”

ボタンボウフウにはたくさんの別名がありますが、特によく使われる別名は”長命草”と”食用防風”の2つです。

長命草という別名は特に有名なので、知っている方も多いかもしれませんね。

「長い命の草」と書いて長命草(チョウメイソウ)と読みます。

もう一つの有名な別名は”食用防風”で、風邪を防ぐという意味として使われています。

ボタンボウフウは非常に多くの栄養を含んでおり、昔の人は「一株食べれば、一日長生きする」とボタンボウフウを大切に扱ってきました。

ボタンボウフウは、民間療法では風邪薬の代わりとして使われてきました。

近くにお医者さんがいない地域の人にとっては、ボタンボウフウは貴重な治療薬だったのです。

長命草や食用防風という名前からも、ボタンボウフウが人々の生活に役立っていたことが分かるでしょう。

ボタンボウフウの方言は地域によって呼び方が変わります

ボタンボウフウは、関東以西~九州、琉球諸島に分布しています。

そのため、地域の方言によって呼び名が変わります。

沖縄や与那国島ではボタンボウフウの栽培が特に盛んです。

沖縄や与那国島の方言であるサクナ、グンナは良く耳にするかも知れませんね。

ボタンボウフウの学名は”Peucedanum japonicum”

ボタンボウフウの学名は”Peucedanum japonicum”です。

日本だけでなく、韓国や中国でも使われているようです。

他にも東南アジア諸国でもボタンボウフウは生息しているようなので、健康食品としてボタンボウフウを活用している国が日本以外にもあるかも知れませんね。

ボタンボウフウの別名、学名、方言についてまとめ

この記事のまとめ
  • ボタンボウフウの別名は全部で2種類
  • ボタンボウフウは地域によって呼び方が変わる

以上のような内容をお届けしました。

ボタンボウフウは、別名や方言など違う名前を使われることが多い野草です。

ボタンボウフウの呼び名を整理するために、この記事が参考になれば嬉しいです。

なお、ボタンボウフウを手軽に摂取したいならキュットジェンヌというサプリがおすすめです。

キュットジェンヌの効果やメリットなどは別の記事に書いているので、良かったらそちらも確認してみてくださいね。

>>キュットジェンヌの効果と私の口コミ