未分類

ボタンボウフウの名前の由来をご紹介!長命草と呼ばれる理由は?

この記事では、ボタンボウフウの名前の由来をご紹介します。

ボタンボウフウは「長命草」とも呼ばれていますが、この呼び名にも摂取する前に知っておきたい由来が隠されていました。

ボタンボウフウの名前の由来を知れば、なぜボタンボウフウがこんなにも健康食材として注目されているのかわかるはずですよ。

ボタンボウフウという名前に隠された本当の意味を知りたい人は、ぜひこの記事の内容を最後まで読んでみてください。

ボタンボウフウの名前の由来をご紹介!

ボタン 葉の形が牡丹に似ているから
ボウフウ 漢方生薬「ボウフウ」に香りが似ているから
「風邪を防ぐ(防風)」という意味があるから

ボタンボウフウの名前の由来はどこからきているのか、表にまとめてみました。

ボタンボウフウは、漢字で「牡丹防風」と書きます。

ボタンボウフウの「ボタン」は、葉の形が牡丹に似ていることから名付けられました。

一方、ボタンボウフウの「ボウフウ」には2つの意味があるようです。

1つは、セリ科の漢方生薬「ボウフウ(防風)」に香りが似ていることです。

もう1つは「防風」という漢字のとおり、「風邪を防ぐ」という意味です。

ボタンボウフウの根や葉には風邪などに対する薬効があり、煎じて咳止めや風邪薬として使われてきました。

ボタンボウフウは栄養の豊富な健康食材としても知られており、パワーベジタブルと呼ばれているのです。

ボタンボウフウの名前の由来を知れば知るほど、積極的に摂取してみたくなりますね。

ボタンボウフウが長命草と呼ばれる理由は?呼び名の由来をお伝えします!

ボタンボウフウは、沖縄などの気候の高い地域に生息しています。

沖縄では古くから「長命草」と呼ばれています。

「長命草」とは文字どおり、「長生きにつながる薬草」の意味です。

ボタンボウフウは、「1株食べると1日寿命が延びる」と言われるほど栄養価のある野菜なのです。

ボタンボウフウには、健康食材として昔から親しまれてきた歴史があるので、安心して摂取することができますね。

ボタンボウフウの名前の由来についてまとめ

この記事のまとめ
  • 「ボタン」は葉の形が牡丹に似ているから
  • 「ボウフウ」は漢方生薬「ボウフウ」に香りが似ているから
  • 「ボウフウ」には「風邪を防ぐ(防風)」という意味もある
  • 別名の「長命草」は「寿命を延ばす草」の意

この記事では以上のような内容をお届けしました。

ボタンボウフウの葉や花は可憐ですが、名前の由来を知ると、力強くて頼れる食材という印象に変わります。

服用しやすい方法でボタンボウフウを摂取して、エネルギーに満ちた生活を目指しましょう!

なお、ボタンボウフウを手軽に摂取したいならキュットジェンヌというサプリがおすすめです。

キュットジェンヌの効果やメリットなどは別の記事に書いているので、良かったらそちらも確認してみてくださいね。

>>キュットジェンヌの効果と私の口コミ